カートを見る

日本在留资格の申請(ビザ)

29種類ある日本の在留資格(ビザ)を取得することで日本に移住するとができますが、その中で「経営管理」の在留資格(ビザ)を取得し、日本の会社を経営するのは1つの良い方法です。

会社を経営せず、日本で働きたい方は、「技術・人文知識・国際業務」の在留資格(ビザ)を申請する事ができます。

家族はどうしたら良いでしょうか。ご安心ください。家族は「家族滞在」の在留資格(ビザ)を申請し一緒に日本に住むことができます。

在留資格(ビザ)のいずれかを取得した後、日本での永住権または帰化申請をし、日本のパスポートを取得できます。

また、条件に適うなら、「高度専門職」の在留資格(ビザ)を申請することができ、最短1年で永住権の申請が可能になります。

 

Self Photos / Files - 1j

 

さらに詳細をお知りになりたい際は、以下のフォームにご記入頂きお送り下さい。現在の状況を把握した上で、より適切な情報や意見をご提供致します。


Form Name

 

Basic Information on a Visa (Status of Residence) - App 

Download PDF format

 

 

日本企業の設立 

日本企業は、株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4種類に分類されます。特別な理由がない場合は、株式会社を設立することをお勧めします。

株式会社には以下のメリットがあります:

 

— 会社の信用度が高く、顧客や金融機関からの信頼を得やすく、従業員を募集しやすい

—  個人事業主と比べ、収入から経費として控除できる項目が多く、損失を経費に計上しやすい

— 健康保険、厚生年金などに加入できる

— 税の総額を抑えることができる

— 経営管理ビザの取得が容易になる

— 原則として、役員報酬は経費として計上できる

— 代表取締役を変更でき、状況に応じて株式譲渡も可能

 

 

日本会社設立費用(電子署名方式)

香港ドル:

会社登記費用(政府費用)

11,000 (150,000円)

定款認証

7,000

収入印紙費 (電子定款)

0

印鑑作成

500

サービス費

21,500

合計

40,000

※上記の費用には発起人代理、代表取締役代理、銀行口座開設代行費用は含まれていません。

※発起人の代理+代表取締役の代理+銀行口座開設代行費用は 35,000香港ドルです。(詳細はお問い合わせ下さい。)

 

 

日本企業の設立-株式会社,以下の表をダウンロードしてください:


ファイル名

ダウンロード

初回問い合わせフォーム    

Download PDF format

フォームをダウンロードし、必要事項記載の上、スキャンデータを弊社の問い合わせ専用アドレス(japan@wingate.com.hk)に添付してお送りいただくか、弊社のワンチャイオフィスまで直接お持ちください。

 

 

 

 

オンライン日本語学習コース

コース案内

日本語講師があなたのレベルやニーズに合わせて、目標達成を目指し1対1の授業を行います。

教科書:「みんなの日本」各級のテキスト

 

日本語講師紹介:

 

  • 柴田佐和子(SHIBATA SAWAKO)

経験:日本語講師として10年

文法や会話等、生徒のレベルやニーズに合わせ柔軟に教えます。

日本、台湾、中国での生活経験があり、香港の生活にも精通しています。北京語でコミュニケーションをとる事が出来ます。

使用言語:日本語 北京語

 

  • 久保田絵美子(KUBOTA SAWAKO)

経験:日本語講師として4年

文法や会話等、生徒のレベルやニーズに合わせ柔軟に教えます。

日本、中国、カナダ、ロシア、ベリーズでの生活経験があり、香港の生活にも精通しています。英語、北京語でコミュニケーションをとる事が出来ます。

使用言語:日本語、北京語、英語

 

費用:

200香港ドル/1時間

初回は5時間コースの契約が必要となります。

更新は10時間ごとの契約となります。

1授業1時間。

1か月最低5時間以上の授業。コースや授業時間の変更をご希望の際は、7日前までに講師にご相談下さい。

 

 

詳細や登録については以下までお気軽にお問い合わせ下さい。

japan@wingate.com.hk / +852 2830 9928

免責聲明 | © 2000-2022 Wingate Business Ltd. All rights reserved