カートを見る

日本企業設立

海外企業/人が日本に会社を設立する目的はなんですか?
-日本の楽天やアマゾンなどで海外の製品を販売したい
-商標登録して、自社製品を日本ブランドにする
-OEM、ODMのため
-日本のレストランブランドを確立させ、同ブランドのレストランを海外にオープンさせる
-日本の卸売り製品を購入するため(多くの日本企業は海外企業に直接販売していません)
-経営管理ビザを申請し、日本に移住する
日本企業は、株式会社、合同会社、合資会社、合名会社の4種類に分類されます。特別な理由がない場合は、株式会社を設立することをお勧めします。
株式会社には以下のメリットがあります:
-顧客や金融機関からの信頼を得やすく、従業員を募集しやすい
-損失を経費に計上しやすい
-健康保険、厚生年金などに加入できる
-個人事業主と比べ、税の総額を抑えることができる
-経営管理ビザの取得が容易になる
-原則として、役員報酬は経費として計上できる
-代表取締役を変更でき、状況に応じて株式譲渡も可能

日本企業を設立する手順:
同じ、または酷似した会社名があるかどうかを調査する
定款の作成と認証
資本金を振り込む(送金証明が必要です)
法務局で登記を行う
会社設立後の各種手続きを行う

日本企業の設立には以下の費用が必要です:
会社設立費用(政府登記費用)
サービス料、司法書士報酬
印鑑作成
ノミニー発起人(必要であれば)
ノミニー代表取締役(必要であれば)
銀行口座開設代理(必要であれば)

(費用は状況によって変わりますので、お問合せください。)

会社の役員と株主:役員1人以上、株主1人以上(取締役と株主は同一人物でかまいません、外国籍でも可能です)
必要書類:役員、株主のパスポートと身分証明書のコピー。資本金送金後の通帳のコピー

日本企業の設立-株式会社,以下の表をダウンロードしてください:


ファイル名

ダウンロード

初回問い合わせフォーム    

Download PDF format

フォームをダウンロードし、必要事項記載の上、スキャンデータを弊社の問い合わせ専用アドレス(enquiry@wingate.com.hk)に添付してお送りいただくか、弊社のワンチャイオフィスまで直接お持ちください。

免責聲明 | © 2000-2021 Wingate Business Ltd. All rights reserved